スタッフ紹介

<院 長> 巽 雅輝

物心ついたころから犬、猫、ウサギ、フェレット、爬虫類など、生き物すべてが大好きで、獣医師になることを夢見てきました。従来では困難であった難解な病気も完全治癒を目指しますのでセカンドオピニオンでも気軽にご相談下さい。
全身全霊をかけ治療に取り組んでまいりますので、宜しくお願いいたします。

<副院長> 細野敬人

動物と接するためには愛情が必要です。
その愛情を持って話すことのできない動物たちの声全てを聞き届けられる獣医師を目指しております。
オーナー様が納得されてこそ、治療は完成しますのでお時間の許す限りしっかりと相談、質問してください。
僕と一緒に治していきましょう。

<獣医師> 中野 朋美

不安な顔で来院されたオーナー様が、私の説明・治療で納得され、笑顔で帰られる姿を見ると安心する反面、獣医師としての自分の一言の大きさを日々実感します。女性ということで不安に感じるオーナー様もいらっしゃるかもしれませんが、これからもずっと診てほしいと思ってもらえるくらい信頼される獣医師を目指して、動物達がいつまでも元気に過ごせるよう一緒に頑張りたいと思っています。

<獣医師> 松崎 未季

大好きな動物に寄り添えるやりがいのある仕事だと思っています。オーナー様の不安な気持ちを軽くし、心配な時間を1秒でも短く出来るよう努めます。
動物さんとご家族様が過ごす大切な毎日が少しでも長く続くよう、小さなことでも気を使わずご相談下さい。

<獣医師> 福島 啓太

動物たちの元気になった姿と喜んでいただいたオーナー様の笑顔に日々やりがいを感じています。
診察では安心して頂けるように分かりやすい説明とご家族様に寄り添う親身で丁寧な治療を目指します。
獣医師ではありますが自分も一人のペットオーナーとして初心を忘れず動物たちの健康を1日でも早く取り戻せるように精一杯頑張ります。

<看護師長> 滝市 瑞季

ただの動物好きの親バカから動物看護師になろうと始まった私ですが、今は専門的な動物のケアを行えるようになりました。でも、原点はやはり飼い主さんと同じ動物が好きという気持ちです。その気持ちをいつまでも忘れないで飼い主さんの目線から患者さんを想い看護に活かしていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

<看護師> 小松 祐紀

幼い頃から、動物が大好きでいつか動物に関わる仕事に就くべきだと思っていました。
それが叶った今、いかなるときも動物の「正義の味方」である動物看護師を目指します。
動物・飼い主様の立場に立って物事を考え、判断し、レベルの高い看護を提供いたします。

<看護師> 大久保 奈月

犬や猫はもちろん、鳥やウサギ、爬虫類などさまざまな動物に関する深い知識をもった動物看護師を目指して、日々勉強しています。
幅広い知識と擬術を身に付け、動物様・オーナー様のニーズに応えられるよう努力していきますのでよろしくお願いいたします。

<看護師> 玉井 美香

前職はトリマーをしていました。犬を1人で飼う事が夢で気付けば5頭の犬所帯になってしまったくらいの犬バカです。
家の子が寿命まで健康でいてほしく動物看護の勉強をしたいと思いこの病院で働く事になりました。
働いてみて動物たちに囲まれて楽しいだけの仕事ではなく、私の行動一つで命に関わる大変な仕事なのだと痛感しました。
オーナー様の大事な子供たちを安心して任せてもらえるような看護師を目指し頑張りたいと思います。

<看護師> 三和田 恵美

ありきたりではありますが、物心ついた頃から動物が大好きで動物看護士になりました。動物看護士の仕事は時には辛い局面に直面します。ですがそれ以上に感動する事も多く、とてもやりがいを感じております。日々勉強し、プロと言われる仕事が出来るよう努力してまいります。

<看護師> 八木 康太

自宅でボールパイソンを飼育しており毎日癒されております。蛇に癒されるなんてと思われるかもしれませんが爬虫類に興味があり専門書などを読んでいるとますます家の子がかわいくて仕方ありません。これからも勉強に励み、どんな動物が来られてもその子たちや飼い主様に満足して帰っていただける看護師を目指してがんばります。

<看護師> 大崎 みのり

動物がずっと大好きで、病院という不安を感じる動物たちを癒せるような存在になりたいと動物看護士を目指しました。来院時の問診では飼い主様のお話をしっかりと伺い獣医師がスムーズに診察に入れるように努めますのでぜひ私にお話をお聞かせください。動物・飼い主様に寄り添うのは言う事は簡単ですが実際実行する事は大変難しいです。それでも必ずいい看護が提供できるように努めますのでよろしくお願いします。

<看護師> 後藤 充輝

僕は生まれた時から生き物にめぐまれた家庭環境で育ちました。そして、生き物の生死を間近で見て経験してきた中で、その命を救いたい!と思いたったら動物看護士になっていました。誰も気付かないような些細な事にも気付けるよう、感性を研ぎ澄まし日々、動物看護士としてレベルアップを目指します。よろしくお願いします。

<フランテ店長> 永江 健二 JKC公認A級トリマー

トリマーになって8年、たくさんの動物に出逢い、動物との接し方・トリミング技術など多くを学びました。この経験を生かし、飼い主様と動物が過ごす大切な時間が快適なものになるお手伝いができればと思っています。
人と人、人と動物のつながりを大切に、今の現状に満足せず、更なる技術の向上、よりよいサービスの提供ができるよう、スタッフ一同努めて参りますのでよろしくお願いします。

<トリマー> 川田 篤司

僕はもともと動物看護師の学校に通っていましたが、トリミングの授業を受けるにつれてトリミングの魅力に気付き
トリマーとして働くことを決めました。ですが、看護師としての知識も生かしたいと思い、中央動物医療センターの一員となりました。
「看護」と「美容」2つの視点からの技術を生かしたいと思いますのでよろしくお願いします。

<トリマー> 福田 椎菜

私は昔から動物が好きで家で飼っているトイプードルがトリミングから帰ってくると家族みんなが笑顔になる事に気付き、私も笑顔を届けられるトリマーになりたいと思いました。
まだまだ未熟ですがみなさんに笑顔を届けられるよう日々努力しますのでよろしくお願いします。

<トリマー> 阪本 陽花

動物の事が好きすぎた小学生時代にトリマーという素敵な職業を知り、自分もワンちゃんやネコちゃんを可愛くしてあげたいとトリマーになりました。オーナー様にはもちろん、動物たちにも信頼していただけるトリマーになりますのでいつでもご相談下さい。

<トリマー> 滝沢 桃夏

私は大好きな動物に関わる仕事に就けたことをすごく嬉しく思います。日々何事にも感謝の気持ちを忘れず、飼い主様が私に安心して任せてもらえるよう多くの知識身につけ技術を磨き、立派なトリマーになれるよう努めていきます。

<トリマー> 小崎 美穂

私は幼い頃からトリマーになろうと夢見ていました。憧れのトリマーになれた今、想いやりを大切に大好きな動物さん1頭1頭に優しく接していきたいと思っております。まだ未熟なところがありますが、持ち前の明るさで一生懸命頑張りますのでよろしくお願いします。

<トリマー> 岡部 礼奈

私は動物の事以外にあまり興味がわかずトリマーになる事だけを考えていました。専門学校に入ってからも動物さんを綺麗にしてあげれることがとても楽しいくますますトリマーになりたい気持ちが強くなりました。今は成長して技術をつけていける事が嬉しくてたまりません。課題は沢山ありますが一つ一つこなしてオーナー様に満足していただけるトリマーを目指します。

<受付・カフェ> 野口 亜美

昔からいろんな人とお話をするのが好きだったので、この仕事に就けてうれしく感じています。
動物病院の受付として、来院された飼い主様や動物さんの不安を少しでも和らげられるよう、常に笑顔で対応していきたいと思っています。またカフェスタッフとしても来られた方にはおいしい食事と、とびっきりの笑顔でお出迎えいたしますので、お気軽にお越し下さい。

<受付> 中馬 千恵子

私は猫を2頭飼っています。飼い主目線で病院受付ではホッとできる空間を目指します。
飼い主様の心に寄り添い、待合室でも動物ちゃん達の気持ちに気付いてあげられるよう努力致します。